菱善地所

ナビゲーション

滔々 町家の宿 大原美術館東通り

宿泊 岡山県倉敷市

滔々 町家の宿 大原美術館東通り

古いものと新しいものが調和する倉敷美観地区。
「滔々 倉敷町家の宿」は、その美しい町並みに溶け込むように馴染む、築約100年の町家の宿泊施設です。

滔々がみなさまにお届けしたいのは、この場所で過ごしていただく時間。
建物は、刻まれた歴史を残しながら、年月を重ねるごとに趣きを増す素材を用いて整え、心からくつろいでいただける空間にしつらえています。

食事は、界隈にある郷土料理や地酒をたのしめる場所をご案内。白壁の土蔵、揺れる柳、倉敷川の水面で遊ぶ白鳥を眺めながら町を歩き、立ち寄った店で美味しそうな一品を手にいれて宿に戻ると、もうひとつの夜が始まります。時間をいつくしみ、暮らすように泊まる、そんないとおしい瞬間をお楽しみください。

【 改修コンセプト 】

宿で過ごす時間が、快適で心からくつろぐことのできるものとなることを願い、豪奢ではないが良質であること、人の意図や配慮が感じられること、年月を重ねるごとに趣をましていく素材を用いることをコンセプトに、細部にまでこだわり仕上げていきました。

梁や柱は移築されたように見えるものも多く、きちんと製材されていない曲がった柱や、漆喰で仕上げられていない2階の土壁などは、この建物が庶民の生活の場であったことを物語っています。築後数十年の間に、住む人が代わり、使い方が変わり、幾度かに改修を重ねられた跡があります。建物の歴史をなるべく残しつつ、現代的な快適さと調和させ、次の世代に受け継がれるものにしたいと思いながら、改修をすすめました。

設計:TT Architects, Inc. 高吉輝樹
施工:倉敷木材株式会社
平成29年度「倉敷市まちづくり基金」補助事業

カテゴリー

物件資料 Dropbox

お知らせ

不動産情報

岡山の中古住宅・中古マンションの専門サイト おかやま中古住宅ネット

取引実績

↑